オーケストラのまちプロジェクト

 平成21年度、東広島市では「東広島市青少年音楽教育システム開発プロジェクト」が産学官連携で実施されました。このプロジェクトでは「青少年のみならず市内全域で誰もが楽器演奏に親しめる体制・環境の構築」が目標に掲げられ、250台のオーケストラ楽器が購入されました。

 その後、このプロジェクトから誕生した東広島青少年オーケストラ運営委員会を中心となり、このプロジェクトに資する東広島市楽器等を活用した活動が行われてきました。現在では、地域アーティスト、音楽団体、市民、大学、企業、行政、くらら等の連携のなか、地域や学校とも協働して様々な事業が展開されています。特に、令和元年度からは「くららパートナーシップ事業」による支援が開始され財政的基盤も強固になったことで、全国どこにもない東広島ならではの全市的な音楽文化振興活動のさらなる発展がなされています。

●学校協力協働活動●

①学校授業協力(くららパートナーシップ事業)

板城西小学校 令和元年10月5日/金管楽器の体験、学習。地域アーティスト(管楽器奏者)、東広島青少年オーケストラが協力

中黒瀬小学校、川上小学校、高屋東小学校龍王小学校 西志和小学校/弦楽器体験、学習。コレギウムムジクム東広島、東広島青少年オーケストラ運営委員会が協力

西条小学校、高美が丘小学校 /弦楽器、管楽器の体験、学習。地域アーティスト、大学生等、東広島青少年オーケストラ運営委員会、東広島音楽文化振興ネットワーク協力

②小学校音楽クラブ等指導者派遣(くららパートナーシップ事業)

西条小学校(弦楽クラブ)高美が丘小学校(弦楽クラブ)東西条小学校(スクールバンド)龍王小学校(6年生総合学習)地域指導者や、市民愛好家がゲストティーチャーとして協力 

●楽器体験ワークショップ事業●

①夏だけオーケストラ2019(くららパートナーシップ事業)令和元年7月~8月/楽器未経験者がヴァイオリン、チェロを体験

②東広島市楽器を活用した音楽交流プログラム(子ども夢基金助成活動)令和元年11月~令和2年3月/楽器未経験者がヴァイオリン、チェロを体験、さらに地域音楽団体やプロ奏者で編成されたオーケストラで合奏体験。今回は福富・豊栄を中心に展開。

 

●地域協働連携活動●

①地域体験会と連動したミニコンサート 福富・豊栄で弦楽器のミニコンサートを開催

②市民交流コンサート2020 in とよさか 令和元年3月29日(日)15:00~豊栄アゼイリアホール/地域音楽団体、アーティスト、学生等でオーケストラを編成、地域合唱団とも共演。楽器体験会とも連動してその成果発表も行う。